検索
  • 義仲英一

少ない階数=費用負担減?

こんにちは、義仲です。

「土地さえ広ければ平屋を建てたい!」と思った事はありませんか?

平屋は一筆書きの様に動線を計画しやすい事もあり、ストレスの少ない

住まいが叶えやすいので魅力的です。

建物の高さが低い分、構造的にも強く設計しやすいですし、窓や雨樋の

家の外の掃除がしやすい点なども魅力の一つです。


デメリットも知っていただきたいので、お伝えします。

・建築費用が割高 ・日当たりや風通しが悪くなることがある ・外から侵入されやすい ・生活感が外からわかりやすい ・洗濯物が丸見えになりやすい


中でも、最も気になるのが建築費用が割高になるという点ではないで

しょうか?階数が少ない分、費用が安いと思われる事が多いのですが、

実は違います。

同じ坪数だとしても、総2階建ての住宅と比べると、平屋の場合1階

で広さを確保しなければならない為、基礎や屋根の面積は倍近くになる

事が想定されます。階数が少ない分の費用負担より、1階で希望の広さ

を叶えようとする為の費用負担が上回る為に、割高となってしまうの

です。

土地の広さも重要になってきますが、費用対効果がより求められるのが

平屋建築の計画だと思います。平屋建築を考える際は、少ない階数=

費用負担減は成り立たない事を頭に入れておきましょう。


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示