検索
  • 義仲英一

50cm以上

こんばんは、義仲です。

建物の外壁を境界線から50センチ離すかどうか確認した事は

ありますでしょうか?

隣地との境界について民法に記されている内容があります。


第234条(境界線付近の建築の制限)

  建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の

  距離を保たなければならない。

2.前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、

  隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させる事

  ができる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、

  又はその建物が完成した後は、損害賠償の請求のみをする

  ことができる。

第236条(境界線付近の建築に関する慣習)

  前2条の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。


境界線から50センチ以上離さないといけないけど、その地域で

50センチ未満が一般的なら、ウチもそうしていいのか?

隣地の所有者が慣習に否定的でも大丈夫?と、疑問も湧いてきます。

可能ならば建築用地を目一杯活用して家を建てたいと思うかもしれ

ませんが、境界線から50センチメートル以上の距離確保は前提条件

として欲しいと思います。

将来のことを想像してみましょう。外壁や屋根のメンテナンスをしな

ければならなくなった時、作業スペースが必要です。作業スペースが

確保出来ない場合は、隣家の敷地をお借りしての作業となるでしょう。

50センチメートル以上の距離確保は、隣家のへの配慮の意味も含ん

でいると思うのです。


人口が多い地域などでは、隣家との間隔が狭くなることがあります。

建物の安全や構造などの技術的な面で問題が無い限り、境界線に近い

場所でも家を建てることは出来ます。ですが、間隔が狭いと、普段の

生活でお互いの音や視線が気になりがちです。暮らしにくさを感じる

シーンも多くなるでしょう。

ご近所トラブルの発生を防ぐ為にも自分達の生活だけで無く、ご近所

の生活にも配慮した間取り計画が大切です。

8回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市