検索
  • 義仲英一

第3も大切に

こんばんは、義仲です。

もし、あなたが住まいで、シックハウスが原因で体調を崩した。

結露しやすい。夏は暑く冬は寒い。冬は乾燥しやすく、静電気に

悩まされる。といった経験があるのなら、その住まいは第3の皮膚

としての条件を追求出来ていないのかもしれません。

第2の皮膚は「衣類」を指し、第3の皮膚は「住まい」を指します。

数十年前の知識と技術では、第3の皮膚として条件をクリアするのは

困難でした。しかし現在は、素材や性能にこだわり安全性や機能性を

追求できる状況にあります。これはとても幸せなことです。

例えば、自然素材でつくられた住まいは、家自身が呼吸しています。

化学物質による悪影響のリスクも少ないです。床や壁に使われた資材が、

勝手に湿度を調節してくれます。それにより、喘息の症状が和らいだり

まるで森林浴のようにリラックスできるなど、心と体に良い影響を与え

てくれます。室内の温度や湿度が安定することにより、ヒートショック

などの健康被害を防ぐことも出来ます。

第3の皮膚といっても、優先順位が3番目というわけではありません。

第1、第2の皮膚と同じように大切に考えたいものです。大切に考える

ことが出来たなら、きっと住環境が豊かになると思うのです。

7回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市