検索
  • 義仲英一

段差解消

こんにちは、義仲です。

大きな段差にはつまずくことが無いのに、わずかな段差につまづいた。

といった経験はありませんか?

転倒は最悪の場合、寝たきりの症状を招くことがありますので、注意を

しなければなりません。最悪のケースを防ぐ為に一番効果的な方法は、

わずかな段差を無くす事です。

年を重ねるごとに「すり足」になる人が増えると言われています。

複数の研究の結果、5mm程度の段差なら問題はないものの、1cmを超える

とつまづく可能性が高まることがわかっています。

そういえば、視覚障害者誘導用の点字ブロックのJIS規格でも、点状

突起の高さは5~6ミリと指定されています。


バリアフリーを採用した比較的新しい住まいは、比較的安全度は高い

ですが、築20年以上経過するような住まいは、屋内でも段差が多めで

安全度が低い傾向にあります。

IZUMO建築設計では、身体にも優しい無垢のフローリングを活用した、

わずかな段差解消リフォームをお勧めしております。






















高齢で無くてもつまずきやすい、わずかな段差。もし、住まいに1~3cm

程度のわずかな段差があるのなら、家族が健康なうちに対策を検討すること

をお勧め致します。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示