検索
  • 義仲英一

電気質を変える時代

こんばんは、義仲です。

住まいの電磁波対策にはどの位の配慮をされています

でしょうか?

一般的な電磁波対策としては、対象物から離れるという

事とアースをする(電場という電磁波要素の一つを抑制)

という事があげられます。

近年の新築住宅はアースをするのは一般的ですが、電磁波

を軽減するというレベルで留まるので、影響をゼロにする

訳ではありません。その点をどう考えるのか・・・

IZUMO建築設計では、電気の質を変える対策もお勧めして

おります。悪い電気を良い電気に変えてしまう考えです。

外から宅内へ入ってくる電気をテラヘルツ波に変換する

分電盤を利用します。

分電盤を介した電気は家電や照明器具へ流れるので、家中

の電気が良い電気に変わるという仕組みです。電磁波を気に

しながら照明を浴びるという生活のストレスも解消出来ます。

電磁波の影響について実際に多くの話をお聞きします。

電磁波で重く悩んでおられる方々には電気の質を変えるという

選択をお勧め致します。


6回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

2019-09-29 13-06-04.png
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市