検索
  • 義仲英一

縁側とデッキ

こんばんは、義仲です。

皆さんのお住まいには縁側はありますか?実家になら縁側があるという方が

多いかもしれませんね。

最近ではウッドデッキの話は聞いても、縁側の話を聞く機会はすっかり減って

しまった気がします。今日は縁側とウッドデッキについて触れてみたいと思い

ます。


縁側は、板張りの範囲が家の中にある広縁と、板張りの範囲が家の外にある濡縁

との2種類のタイプがあります。家の中と外の境界のような場所で、「ここから

家の中」「ここから外」という意識を持つための場所でもあります。くつろぎの

空間として取り入れる事が多いという特徴があります。


ウッドデッキは基本的に「庭に面した場所」に設置されています。

割と広いスペースを確保する事が多いので、家の中ではできない事を可能にして

くれたりと、様々な用途に活用しやすいという特徴があります。

濡縁、ウッドデッキは雨風にさらされての劣化のリスクが伴いますので、使用する

材の選択も気にしなければなりません。IZUMO建築設計では、ウエスタンレッド

シーダー(カナダヒノキ)を使用してのウッドデッキ、濡縁づくりをお勧めしており

ます。

雨ざらしにしても虫が付きにくく、耐久性が有るのが特徴です。カナダでは電柱に

使用されているほどです。木の持つ柔らかい質感、肌触りはそのままに有害な防虫

防腐処理を施さなくても長持ちするという点も魅力です。


縁側とウッドデッキには、明確な「定義の違い」というものは存在しない様で、

和風か洋風か、施工方法の違いなどによって、分けられています。

皆さんの生活スタイルや家の雰囲気などによって、らしさを感じられるのはどちら

かな?という感覚で縁側、ウッドデッキづくりを検討されてみては如何でしょうか。







5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示