検索
  • 義仲英一

判断基準と情報の質

こんばんは、義仲です。

情報過多の現代、入ってくる情報の中には皆さんにとって必要

の無いものも多く存在しています。

情報の選別を自分では出来ているつもりでも、ネット広告、折り

込みチラシや新聞広告など強制的に入ってくるものがあるので、

選別は中々難しいものです。

ですので、自分に必要かどうかを判断する基準を持たなければ

なりません。多くを取り入れ過ぎると混乱してしまい、正しい

判断が下せなくなってしまうからです。


車を例に出すと、スポーツカーにはスポーツカーの特徴があり、

ワンボックスカーにはワンボックスカーの特徴があります。

スピードや加速感の事。大勢で乗車出来るゆったりした空間で

あったり、無駄の少ないコンパクトな空間だったり、乗り心地

もそれぞれ違います。全てを満たす車はありません。だから、

価値観によって選択する車が違ってきますよね。


住宅も同じです。自分の住みたい家はどんな家かを知る事が大切

です。これからは嫌気的な菌・ウイルスが生存しにくい環境づくり

について益々関心が高まり、それに関係する多くの住宅情報が流れ

出す事が予想出来ます。判断基準を持って、取り入れた情報を吟味

する習慣を付けて、納得の行くマイホームづくりに繋げていただき

たいと思います。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示