検索
  • 義仲英一

日の当たらない方角に

こんにちは、義仲です。

バルコニーといえば、日の当たる方角に。と考えるのが一般的ですが、

日の当たらない方角に設ける事で活きるバルコニーがあります。それは

サービスバルコニーというバルコニーです。ご存知でしょうか?


キッチンが1階にある場合は、勝手口をつくることですぐに外に出られる

動線がつくれますが、2階の場合はキッチンから出入り出来る外空間は

ありません。そんな時便利なのがサービスバルコニーなんです。

冬の野菜の保管場所にしたり、分別ゴミを置いておけるようにしたりと、

重宝する空間です。このような使い方をする場合、日の当たらない方角に

設けるバルコニーが活きるのです。

リビングなどに面するメインのバルコニーとは別に直射日光の当たらない

北側、北東側にサービスバルコニーを設けるのも生活を豊かにする工夫の

一つです。

バルコニーや勝手口のドアというのは、目線に入りやすいと落ち着かなく

なってしまうものです。なるべく死角になる位置選びも意識されるとスト

レスの少ない間取りにすることが可能です。

大きなバルコニーにする必要はありません、目的が果たせれば畳1帖程の

大きさで十分です。バルコニーは洗濯物の干し場という考えを少し崩して

みても面白いものですよ。


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示