検索
  • 義仲英一

いくら残すか?

こんばんは、義仲です。

住宅購入の予算を立てる際に、手元にいくら残せばいいか迷ったことは

ありませんか?

頭金を多く支払うことが出来れば、その分だけ住宅ローンの融資額を

減らせます。そうなれば、余計な利息を支払わずにすむのです。

頭金を多めにするというのは、一見とても賢い方法です。

しかし、世の中何が起こるかわかりません。病気や介護のために収入が

減るかもしれません。計画外の出費が発生するかもしれません。現在、

世間を悩ますコロナウイルスの影響もまさしくそうです。ですから、

ある程度まとまった金額を手元に残す必要があります。


「ある程度」という表現は、曖昧で判断に困ります。

例にあげられるのが、月収3~6ヶ月程度。その根拠は、自己都合で

退職したサラリーマンが、失業手当を受給できるまでの期間、という

見方もありますが、自営業の方には、あまり参考にならないでしょう。

曖昧な見方は捨てて、資金計画をしっかりと行って適正な金額を導き

出すようにしましょう。

極端な話になりますが、頭金は有っても無くても構わないお金です。

しかし、手元の資金は、安心して暮らすために、なくてはならない

お金になるはずです。手元に残す資金は、今決めている額で本当に

大丈夫でしょうか?今一度、見直してみましょう。

手元にいくら残すか?以外の資金の流れもしっかりと見つめ直すこと

の出来る資金計画を必ず行うようにしましょう。



7回の閲覧0件のコメント

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市