検索
  • 義仲英一

気密

こんにちは、義仲です。

家の性能を考えるうえで、気密は断熱と並び重要な項目として

扱われるようになりました。簡単に言うと、空気がどれだけ外

に漏れないかという事です。

昔の家と比べ、近年建てられる家の気密性は向上しました。

ですが、同じような規模や仕様で建てられた家だとしても気密

性を一定にするのは簡単ではありません。

家は例え全てのパーツを工場で作ったとしても組み立てるのは

実際の工事現場です。パーツをつくるのは効率化できても、知識

と技術のバランスが保たれていなければ、良い物が出来上がる

可能性は下がります。

「C値が1.0を切るかどうかが基準になる」というように、細かく

気密性を求めるのであれば、数値の確認だけでなく、その数値を

保障する為にどんな工事をするのか把握するようにしましょう。


玄関扉はドアの方が気密性が良く、引戸にすると気密性が落ちます。

窓の種類によっても気密性に差は出ます。という様に資材の選択に

よっても気密の高い家にしやすいか、そうで無いか変わります。 建売住宅の性能があまり良くないと言われるのは、数をこなす為に

気密に対して、資材の選択も含め手間をかけずに工事をしている

ことが多いのが原因だと考える事が出来ます。

早い完成を目指す工期優先の家づくりは気密性を悪くさせやすい

ので注意が必要です。

夏涼しく冬暖かい快適な家の建築を目指すのなら、断熱について

考えるのと同じように気密とはどういう物かを頭に入れておいて

下さい。求めれば求めるほど、資材の選択、現場作業に手間をか

ける必要があるというのが高気密住宅です。


8回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市