検索
  • 義仲英一

奇跡と呼ばれる理由

こんにちは、義仲です。

IZUMO建築設計がお薦めする家づくりでは、低温乾燥装置で乾燥させた

杉材を活用しています。「奇跡の杉」と呼ばれています。

木の持つ有効成分の排出を抑え、酵素を損なわない様に45℃乾燥で出荷

された杉材を主に内装の床材に使用します。又、屋根の下地など見えなく

なってしまう部分にも活用します。








45℃で乾燥された杉は酵素が損なわれていない為、強度、色、艶、香り

は人工乾燥の木材をはるかに超えています。生きる呼吸建材として住まい

の一部となります。木も人と同様、呼吸する生きものとして生き続けます。













自然乾燥に近い低温乾燥の杉は木材は、耐久性が増し、断熱材の役割を

担ったり、室内の空気を爽やかに保ってくれます。更にはシロアリなどの

浸食を防ぐ効果も発揮します。これらの効果を備えた杉材であることから

「奇跡の杉」と呼ばれているのです。

住宅の長寿命を求める場合、「奇跡の杉」は必要な要素の一つと言えるの

ではないでしょうか。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示