検索
  • 義仲英一

北側窓の採光

こんにちは、義仲です。

北側窓の日差し対策は特に必要ない。と、油断していませんか?

これからの時期は太陽の角度も低くなり、北側窓からの採光に

ついて特に気にする事は無いと思われます。

では、暑さ対策が大変だった夏場はどうでしたか?朝と夕方、

北側窓からの採光が気になった事はありませんでしたか?

北側の窓の近くに置かれたベッド。夏は朝日が良く届くと感じた

事はありませんか?夏の太陽角度は高度になるので、想像以上に

北側の窓からも日差しが侵入しているのです。


遮光性の高いカーテンで対応すれば良いと思うかもしれませんが、

北側窓の採光は、設計段階で応用の考えが出来ればより効率良く

対応する事が可能となります。

応用の考えとは、起床時間や帰宅後まず何をするかなど、いつ・

どこで・どんな風に過ごすかを間取りを見ながらより具体的に

イメージして、太陽の動きを当てはめて見る事です。

特別な目的も無く北側に設置された窓からメリットが得られない

のであれば、窓を無くしてしまっても良いと思います。日差しに

よるストレスを無縁にする為、行動パターンを振り返ってみては

いかがでしょうか。

又、この応用の考えは西日対策の際にも利用できます。設計図

確定の前に太陽の動きを当てはめてみて下さい。


7回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市