検索
  • 義仲英一

見た目だけではなく

こんにちは、義仲です。

お家時間が長くなることで、家での過ごし方について考える機会が増えて

おられる事と思います。皆さんはどんな視点で考えた事がありますか?

子供が成長してからは、混雑したレジャー施設などに行く機会が減ってきたし、

外出する用事が無い日はのんびりくつろごう。この考えも家での過ごし方を

考えるに該当します。


フローリングの部屋だとそんな過ごし方をしないな…と、ふと思い、畳が

気になっているという方もおられるのではないでしょうか?

天然のいぐさを使用して作られた畳は、湿度調整、空気の浄化、癒し効果など

をもたらしてくれるのですが、ダニやカビを発生させてしまいやすいという面

を持ち合わせています。

そんな天然畳の欠点を補うことができる商品として開発された、プラスチック畳

(ビニール畳)の存在をご存知でしょうか?天然では無いので歯ブラシに使われて

いるような素材でつくられている畳です。着色によって風合いを出しているので、

一見天然のものにも見えますが別物です。

プラスチック畳防虫処理に使用される薬剤の規制がゆるく、人体に有害な薬剤が

使用されているケースもあります。












遠目では判断しにくいビニール素材の畳



時代の移り変わりによって、畳も天然要素の高いものだけでなく、人工要素の高い

ものも扱われるようになっています。くつろぎの為の手段として畳を選ぶという

場合、選択次第では目的が果たせない場合があるかもしれません。

見た目だけで納得するのではなく、畳は畳でもどんな畳なのか?を理解して選択

されることをお勧め致します。

















6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示