検索
  • 義仲英一

納戸活用法

こんにちは、義仲です。

洋風の住宅が多いせいか、最近では納戸(なんど)の間取り表記

を見る機会が少なくなったように感じます。

納戸は、住宅において普段使用しない衣類や家具・調度品などを

収納するための空間として作られています。シーズンオフの暖房

器具やレジャー用品なども収納出来て便利です。ウォークイン

クローゼットと類似しています。


納戸(ウォークインクローゼット)を設ける際の注意点と活用法を

ご紹介します。

整理が苦手な方は特に、「納戸さえあれば、物をたっぷり収納

出来る!」と考えてしまいがちなので注意しましょう。

広い収納空間なので、物を詰め込みがちになります。何を入れた

か忘れたり、取り出しにくくなったりすると勿体ないです。

有効に活用するには壁面に棚を設けましょう。高い位置にも収納

可能にする事。立体的に使えるようにする事が目的です。

納戸内に自由に使える空間が3面有るとして、1面だけでも棚が

有れば、使い勝手はかなり向上します。















市販の収納ケースを利用される場合は、主要な部分で区切って、

棚の枚数を節約可能です。棚をフル活用する場合は、たたんだ服

をそのまま収納出来るような工夫も出来て収納方法の幅が広がり

ます。

又、立体的な収納空間づくりは、難しく無いのでリフォームでも

叶えられます。現在お住まいのお宅での収納に困ったら、立体的

な収納を検討される事をお勧めします。





7回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

2019-09-29 13-06-04.png
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市