検索
  • 義仲英一

同じくらい大切

こんばんは、義仲です。

リフォーム計画の際、複数の業者に現場を見てもらい、見積書の作成を

依頼する相見積もりは一般的なことです。

その目的は、相場や工事内容を把握し、予算に見合った計画を実施出来るか

判断する事です。

最も安い提案内容で工事を依頼したくなるのは心理的にも仕方ないのですが、

工事のレベルと金額のバランスがとれていなかったと、工事完了後に後悔

しないように依頼先の見極めが肝心です。


工事依頼先の見極めと同じくらい大切なことがあります。それは、さらなる

値引きを求める目的で、各業者に実際の見積書を見せるなどして、減額を

ねだることをしてはならないということです。なぜなら、見せられた業者は、

仕事を得るために必要以上に減額することがあるからです。減額した中で

利益を出すために、設備や建材の質を落とされたり、工期短縮のために

手抜きの工事をされるというリスクを招きやすくなるのです。

また、見積書を他の業者に見せたことがわかると、信頼関係を損なう恐れも

あります。


最近は見積り作成の為に費用を発生するといったケースは殆ど無く、工事を

依頼する側としては、工事を検討しやすい環境が整っていると思います。

いざ、工事を依頼する際に気持ち良く依頼出来るように業者に対しての誠実

対応を忘れないようにしていただきたいと思います。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示