検索
  • 義仲英一

リフォーム自由度

こんばんは、義仲です。

家族と生活を共にする家。成長を見守る家。永く住まう事の出来る家は

将来、リフォームの計画案が話題にあがって来る事も少なく無いでしょう。

実際、築30年も経過すれば間仕切りの壁を撤去して空間を広くしたり、

水回りの設備を一新するなどのリフォームを行う家庭が増えてきます。

空間を広くするリフォームの場合、部屋と部屋を仕切っている間仕切り

の壁が、建物を支える役目を担っている場合、この壁を撤去することは

出来ません。

「どうしても撤去したい。」という場合、壁の代わりに柱を設けるなどの

対策を講じますが、強度をそれまでと同様に維持できるかは疑問です。

また、耐震性に不安を残してしまいます。


将来、住まいに変化を持たせたい、リフォームの自由度の高い建て方を

したいのであれば、それらを視野に入れて新築時に計画しておきましょう。

ポイントは、建物を支える「耐力壁」を、できるだけ外側に配置出来るよう

に計画する事です。

建物の内側(部屋として成り立つ範囲)に耐力壁が多いとなれば、リフォーム

自由度の低い空間になってしまうからです。

耐震等級の設定を上げれば、自然と耐力壁の数量が増えますので、耐震面と

間取りの可変性のバランスを考える事も大切です。

どんな住まいでも将来リフォームをする可能性を秘めています。リフォーム

を不安無く柔軟に行える家についても考えてみて下さい。



2回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市