検索
  • 義仲英一

敷地内の電柱

こんばんは、義仲です。

土地探しをしている過程で、敷地内に電柱が立っている。そんな土地に

出会ったことはありませんか?本日はそんな電柱の話です。


「高圧電線の近くで暮らすと健康被害のリスクが高まる」との考えが欧米

を中心に広まっている影響から、高圧電線を嫌悪施設と考える人も今では

少なくありません。電磁波によるリスクに敏感な方は、高圧電線だけで

なく、近所の電線にも不安を抱いておられるかもしれません。皆さんは

いかがでしょうか?

実際、IHクッキングヒーターからの電磁波被爆の報告も有りますし、電磁波

対策に慎重になられるのは良いと思います。土地を考える段階から安心して

住める事を考慮して計画するのは大切な事です。電磁波測定器はレンタル

サービスも有りますし、測定を行って安心できるか判断するのも手段の一つ

です。


健康被害のリスクだけで無く、見栄えにも影響する電柱。敷地内に電柱が

ある場合、電力会社から電柱敷地料が支払われます。

しかし、作業の度に作業員が敷地内に入ること、鳥の糞や鳴き声、防犯面の

不安などから電柱が立つ敷地を避けたいと思うのが普通でしょう。

「ただ、土地の有る地域は気に入っているし...どうしようか...」という場合

もあるでしょう。そんな時は移設の相談をしましょう。地域の電力会社に連絡

すると担当者が現地を訪れて、相談に乗ってくれるという流れになります。

敷地内から公道への移設や、移設距離が長い場合など、移設が困難な場合も

ありますので、納得のいく形で対応可能かしっかり確認しましょう。

次回土地探しで現地訪問する際は、土地に対しての電柱の位置を意識してみる

と良いですよ。







39回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示