検索
  • 義仲英一

住みながらの満足度

こんばんは、義仲です。

インテリアのベースにもなる床材や壁材は、直接手や足

に触れたときの感触にもこだわりたいものです。

このこだわりが五感に優しい自然素材の家づくりが理想

の家の候補としてあげられる理由です。


建物に使われる素材は木や石などの自然素材と石油化学

製品を原料とした化学合成品に大きく別けられます。

安価で加工しやすい化学合成の建材が溢れている日本の

家づくりですが、自然素材の家づくりも消える事無く、

建てられ続けています。化学合成品では超えることの出来

ない自然素材の持つ性質が重宝されているからだと確信

しています。





















経年変化による味わいを楽しむ事が出来るというのも自然

素材の魅力です。経年変化を感じられるという事はそれだけ

長い時間、住居の一部として住まいを支えてくれる証しだと

思うのです。ローコスト住宅として販売されていなくとも

自然素材の性能が生き、家の寿命を延ばす事に繋がりメンテ

ナンスは減り、長い目で見て結果的にローコストを招くのです。


理想の家づくりの候補としてあげあれる自然素材の家づくり

ですが、部材自体のコストを比べられやすく、価格が高いと

いう印象を持たれやすいのが残念な点です。永く住み続ける

という点、住みながらの満足度という点を考え、住まい選び

をする場合、自然素材の家と化学合成品の家どちらを選び

ますか?

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示