検索
  • 義仲英一

低体温化防止

こんばんは、義仲です。

突然ですが、皆さんの平熱はどれくらいですか?

成人の正常値は36~37度ですが、最近は低体温(35度台)の方が

増えている傾向にあります。

その原因として、運動不足による筋肉量の低下。入浴時に湯船に浸から

ない・浸かる時間が短い。過度のストレス。過度の冷房。身体を冷やす

食べ物や水分の摂取。などが挙げられています。

体温が上がると免疫力は高くなり、体温が下がると免疫力も低くなると

言われています。今の時期は暑いので、過度の冷房で身体を冷やし過ぎ

たり、冷たい食べ物や飲み物を沢山採りがちになります。今は正常値

でも、低体温予防のため気を付けなければなりません。


また、気温の低い部屋で過ごすことのリスクも認識しておかなければ

なりません。室温10度以下の寝室で就寝すると、身体は布団で十分に

温まっても、呼吸により内臓が冷たい空気で冷やされ続けるため、体温

が35度台になることがあります。低体温になれば基礎代謝も低下します。

免疫力低下のため、体調を崩しやすくなるという訳です。

今の時期は暑さも有り考えにくいですが、今後気温の下がる時期は低体温

のリスクが増えますので、今からリスクに備えておくのが良いでしょう。

健康に暮らせる住まいを重要視される方は、断熱性や暖房の使い方など、

住居内での低体温化防止についてもしっかりと考えましょう。



4回の閲覧

〒579−0924

大阪府東大阪市吉田6−6−33
花園ラグビー場入り口前
電話 072−943−1842

FAX 072-968-9702

​メール takedaka@y2.dion.ne.jp

​会社概要
2019-09-26 12-20-17.png
2019-09-26 12-20-48.png

Copyright Izumo Sougou Kensetsu All Rights Reserved

リフォーム東大阪工務店 建康住宅大阪工務店 自然素材住宅大阪工務店
大阪リフォーム工事,出雲建築設計,大阪自然素材の家,東大阪リフォーム 大阪健康住宅,大阪注文住宅,リフォーム工事東大阪,東大阪市